HOME>アーカイブ>万が一のときには任意売却の検討は早めに行う

任意売却をするときの相談

任意売却の相談先を選ぶポイントは、不動産取引と民放の知識が必要と債務者との交渉と裁判所への申請などの知識がある、できる限り自分に有利になるよう動いてくれる専門機関を選ぶようにします。

任意売却をするときに気を付けること

タイミングに早すぎはない

任意売却の相談をするときには、早すぎということはありません。ローン返済が厳しくなるかもと思った時点で任意売却も検討するようにしましょう。

自分の希望に合う相談先

任意売却の相談先はいろいろあります。相談先は自分で選ぶことになります。すぐにでも売却したいのか法律の専門知識に注目したいのかなど、どんなことを重点的にしたいかを考えてから相談先の選定を行いましょう。

任意売却の全てが成立するとは限らない

全ての任意売却が成立するとは限りません。ときには、交渉に失敗したり、債務者が原因で不成立になることもあります。

連帯保証人の許可が必要

連帯保証人がいる場合には、連帯保証人の許可が必要です。許可を得られない場合には任意売却の手続きを進めることができません。

買い手が見つからないことも

すぐに買い手が見つかるということではありません。売却価格や条件が悪い場合には買い手が付かずに不利な条件で家が売却されてしまうこともあります。

住宅ローンが残っていても大丈夫

男性

住宅ローンの厄介なところは、まだ支払い終わっていないと、自分の家でも好き勝手に売却が行えないところです。もちろん、好き勝手に売れないだけで、売却する方法は用意されているので安心をしましょう。その方法は、任意売却というもので、活用するのに資格などは必要がないため、誰でも簡単に利用できます。ただし、ある程度の知識がなければ失敗してしまう可能性が高いので、任意売却を専門とする方への相談を強くおすすめします。

初回無料で話を聞いてもらおう

男性

自宅を任意売却したいと考えたのなら、初回は無料で相談に載ってくれるところを探したほうがよいです。もちろん、最初から有料のところを利用するのもよいですが、住宅ローンで困っているのなら、無料のほうがありがたいでしょう。任意売却を専門家に頼むと、手続きはすべて行ってくれて、住宅ローンを組んだ金融機関とも話し合いをしてくれます。必要なことはすべて行ってくれるので、相談をしたのなら、自宅がお金に換わるのをじっくりと待ちましょう。早ければ1ヶ月程度で完了しますが、それ以上の時間がかかることもあります。どのくらいの期間がかかるかの目星は、専門家に相談したときに教えてもらえるため、今後の生活を考える上でもきちんと聞いておきましょう。

広告募集中